Achievement

  1. HOME
  2. Achievement
  3. Fund

Fund

  1. ナノファイバーが拓く無侵襲な体液解析による日常的かつ包括的な健康状態モニタリング
    国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学、国立大学法人大阪大学
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、官民による若手研究者発掘支援事業、2021-2023年度
  2. 生物素材を用いた持続性エレクトロニクスの創成
    古賀大尚(代表)
    科学技術振興機構(JST) 2020年度創発的研究支援事業、2021-2027年度
  3. バイオナノファイバー由来3Dナノポーラスカーボンの光熱変換機能開拓
    古賀大尚(代表)
    科研費・挑戦的研究(萌芽) 2020-2021年度
  4. 植物ナノ素材を用いた循環型エレクトロニクスの創成
    古賀大尚(代表)、長島一樹、仁科勇太
    2020年日本国際賞平成記念研究助成、2020年度
  5. 樹木ナノセルロースの電子機能創発
    古賀大尚(代表)、仁科勇太、高橋綱己、長島一樹、能木雅也
    物質・デバイス領域共同研究拠点 “人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス” COREラボ、2018-2019年度
  6. 樹木ナノセルロースの半導体化とセンサー機能創出
    古賀大尚(代表)
    科研費・基盤研究B 2018-2020年度
  7. 樹木のからだを利用したCO2変換リアクターの創出
    古賀大尚(代表)
    積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム 2017年10月-2018年9月
  8. 日本林業再興のための木材需要を生み出す統合的ペーパーデバイスの開発と活用
    江前敏晴、川原圭博、橋本悠希、古賀大尚(分担)
    科研費・基盤研究B 特設分野研究:次世代の農資源利用 2017-2019年度
  9. 樹木の通道組織を利用するウッド・フローリアクターの創出
    古賀大尚(代表)
    科研費・挑戦的研究(萌芽) 2017-2018年度
  10. 分子選択性ペーパーセンサの創出
    古賀大尚(代表)、仁科勇太、長島一樹
    物質・デバイス領域共同研究拠点 “人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス” COREラボ、平成28-29年度
  11. セルロースナノファイバーを用いたフレキシブル蓄電紙の創出
    古賀大尚(代表)
    科研費・若手研究A 2015-2017年度
  12. セルロースナノペーパーを用いた不揮発性メモリの創製
    能木雅也、柳田剛、長島一樹、古賀大尚(分担)
    科研費・基盤研究S 2014-2018年度
  13. 次世代物質変換に向けたプリンテッド・ペーパーリアクターの創出
    古賀大尚(代表)
    科研費・挑戦的萌芽研究 2014-2015年度
  14. 変換効率最大化に向けたペーパー太陽電池の再構築
    能木雅也、古賀大尚(分担)
    科研費・基盤研究A *受給重複制限のため辞退
  15. 紙と紙抄き技術の応用によるフレキシブル電子デバイスの創製
    古賀大尚(代表)
    公益財団法人 松籟科学技術振興財団 第31回研究助成事業
  16. 抄紙プロセスでつくるフレキシブル透明導電紙
    古賀大尚(代表、受託研究)
    科学技術振興機構(JST) 平成25年度第1回研究成果最適展開支援プログラムA-STEP
    フィージビリティスタディステージ 探索 タイプ 2013年度
  17. ペーパー固定化イオン液体を均一系反応場とする新規構造体触媒の機能創出
    古賀大尚(代表)
    日本学術振興会特別研究員PD 2010年度-2012年度 (阪大産研特任助教に採用のため、2012年3月31日付で辞退)
  18. ペーパー構造体触媒の創出と水素エネルギー分野における機能開発
    古賀大尚(代表)
    平成19年度九州大学学生後援会研究活動支援事業
  19. ペーパー構造を非平衡反応場とする新規な構造体触媒材料の機能設計
    古賀大尚(代表)
    日本学術振興会特別研究員DC1 2007-2009年度(-2009/09/30)/PD 2009年度(2009/10/01-)